株式会社企業情報センター

確認項目

Check Point求める人材を
高い確度で見極める

  • 入社してもすぐに辞める
  • 協調性に欠けている
  • ストレスに弱い
  • 周囲に悪影響を及ぼす
  • ポテンシャルが低い
  • 教育しても全然成長しない
  • 頑張っていても成果が出ない
  • 不平不満ばかり言う
  • やる気が感じられない
  • 病欠が多い

現在の選考フローで本当に大丈夫でしょうか?

採用をするにあたり不適当であるとされる求職者が実に24%もいるということはご存じでしょうか。
その中でも、「申告の経歴相違」、「自己PRの過大申告」が多くを占め、経歴確認の必要性は高まっています。

また、過去3年間における「企業の不正リスク実態調査」では、上場企業の4社に1社の割合で「不正」も発覚しており、
ビジネスパーソンとしての適性確認はどの企業も重視しています。

( 2019年弊社調べ )

採用フィルターに通すことで、
求める人材を高い確度で
見極めることができます。

  • Point 01

    経歴チェック

    提出書類に安心を付与

    応募者より提出された履歴書や職務経歴書などの情報から
    在籍期間・役職・職責 などを確認します。
    雇用契約前の段階で 提出書類 に経歴詐称・過大申告 がないかを
    チェックすることで、雇用契約前に信用度を図ることができます。

  • Point 02

    評価チェック

    就業時のリアルな評価を確認

    過去職場の元上司・元同僚に インタビュー を行い
    職能評価・勤務態度・勤怠実績 などを確認します。
    面接時にイメージした働き方と
    実働後のギャップを限りなく埋めることができます。

  • Point 03

    適性チェック

    面接ではわからない
    パーソナリティを把握

    インターネット上の情報収集、非公開データベース照会などを行い
    性格・素行・特性 などを確認します。
    過去職場での勤務態度も加味することで働いている従業員に
    悪影響 を及ぼしかねない問題社員の入社を防止できます。

非正規採用からハイクラス採用まで、
すべての採用活動で利用可能です。

利用用途について